再生医療研究情報

2012年(H24)
3月15日
新培養法で脊髄損傷治療=ヒトiPS、マウスで―奈良先端大 〔時事〕
ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を新たな培養法で神経のもとの細胞に変え、脊髄損傷のマウスに移植して高い治療効果があったと、奈良先端科学技術大学院大の中島欽一教授や英ケンブリッジ大などの研究チームが15日までに米科学誌ステム・セルズ電子版に発表した。
http://www.naist.jp/pressrelease/detail_j/topics/1290/
3月5日
神経再生のタンパク質を発見 名古屋大学大学院理学研究科の松本邦弘教授
久本直毅准教授らの研究グループは、線虫をモデル動物にした研究により、軸索(神経の線)を切断された神経が再び軸索を形成(軸索再生)するのに必要な分泌蛋白質とその受容体を発見し、さらにその下流で働く細胞内のシグナル伝達経路を同定した。この研究成果はNature Neuroscienceオンライン版に3月4日掲載された。
3月3日
「ライフサイエンス・イノベーション―生まれ変わる日本の大学―」 文部科学省・橋渡し研究支援推進プログラム;平成23年度成果報告会(3月2-3日、東京・ベルサール汐留)http://www.tr.mext.go.jp/

基調講演「ヒト間葉系組織に存在する新たな多能性幹細胞Muse細胞の再生医療への可能性」 出澤真理(東北大学大学院細胞組織学分野);造血幹細胞など長年医療に用いられてきた骨髄に多能性幹細胞を見出した。採取が容易で安全な幹細胞であり、製剤化も含めた広範な医療分野での利用が可能である。
研究室:http://www.med.tohoku.ac.jp/org/medical/03/index.html
(参考文献)「実験医学 特集:組織・臓器を修復するStem Cell」、2011年12月号

研究報告「重症心不全治療に対する筋芽細胞シートによる心筋再生医療の臨床研究
澤 芳樹(大阪大学大学院心臓血管外科):東京女子大の岡野光夫教授の開発した温度応答性培養皿を用いて筋芽細胞シートを作成、心筋治療が可能になった。2012年2月にテルモ社で企業治験が開始された。

【ポスター展示】

阪大脳神経外科:自家嗅粘膜細胞移植:慢性期脊損の完全マヒ者に実施
治療成績:4名に実施し体幹能力が向上した。2012年12月に「先進医療」に指定された。

関西医大:自家骨髄間質細胞移植:急性期の脊損患者に5例を実施し、2009年9月に終了。
治験医:鈴木義久(北野病院形成外科部長) 次のステップとして骨髄単核球細胞を用いた脊髄損傷に愛するフェーズⅠ/Ⅱの臨床試験を2011年6月に「ヒト幹細胞臨床研究実施計画」に申請した。これは厚労省のヒト幹細胞審議会で検討される。

2月14日
心臓発作患者の幹細胞で心筋再生、損傷を半分に 〔2012-2/14 読売新聞〕
臨床試験は、シダーズ・サイナイ心臓研究所(カリフォルニア州)とジョンズホプキンス大学病院(メリーランド州)で17人の患者を対象に行われた。患者の首の静脈からカテーテルを挿入して心臓組織の小片を採取。研究室で幹細胞を1200万~2500万個に増やしてから、冠動脈に注入した。治療後1年で、心筋の損傷部が半分に縮小する効果があった。
2月7日
「iPS細胞:遺伝病治療に道 自然修復細胞を選択--京大再生医研・マウス実験iPS細胞簡単培養」 京都大再生医科学研究所の多田高(たかし)准教授らは、遺伝病のマウスから作ったiPS細胞から、遺伝異常が自然に修復された細胞だけを選別し、正常なマウスを誕生させることに成功した。再生医療を遺伝病の治療に利用する道を開く可能性がある。米国のオンライン科学誌に10日掲載された。
iPS細胞は再生医療の切り札と期待されているが、DNA情報は元のまま残るため、遺伝病への応用には壁があった。〔毎日新聞 2012年2月10日 東京夕刊〕
http://www.frontier.kyoto-u.ac.jp/es03/reprograming.Japanese.html
2月3日
厚労省:ヒト幹細胞加工医薬品―品質・安全性指針案まとまる
厚生労働省医薬食品局審査管理課は2日、ヒト由来細胞や、組織を加工した医薬品・医療機器の品質、安全性を確保するための5指針案をまとめた。指針案では、ヒト幹細胞やiPS細胞を用いた医薬品等の臨床試験を行う際に、▽対象疾患▽対象とする被験者および除外すべき被験者の考え方▽被験者に対して行われる治療内容▽既存の治療法との比較を踏まえた臨床試験実施の妥当性▽現在得られている情報から想定される製品並びに患者のリスク・ベネフィットを含めた被験者への説明事項の案――を踏まえて評価することとしている。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002171t-att/2r98520000021797.pdf
1月26日
アルツハイマーの特徴、iPSで確認 患者から細胞作成 〔朝日新聞〕
アルツハイマー病の患者の細胞からiPS細胞をつくり、神経細胞に変え、病気の特徴を確認することに米欧の研究チームが成功。ヒトの生きた細胞で発症の仕組みを調べられ、治療法を試すのにも役立ちそうだ。26日付のネイチャー(電子版)で発表した。
1月24日
パーキンソン病の細胞移植治療を検討するためのサルモデル評価系を確立
京都大学iPS細胞研究所の菊地哲広研究員と髙橋淳准教授らの研究グループは、理化学研究所との共同研究により、ヒトのiPS細胞からフィーダー細胞を使わず浮遊培養のみでドーパミン神経前駆細胞を誘導することに成功した。〔CiRAニュースリリースより〕Journal of Parkinson’s Disease/2011年12月29日オンライン版
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/pdf/journal_of_perkinsonsdisease_120123.pdf
1月24日
筋肉骨化の難病、患者のiPS細胞で治療薬に道 〔2012-1/24 読売新聞〕
京都大の戸口田淳也教授〔CiRA〕らが、筋肉などが骨になる希少難病の少年から皮膚細胞の提供を受け、様々な組織の細胞に変化できるiPS細胞をつくって、骨に変化させることに成功した。グループは、骨化を抑える初の治療薬の開発を進めており、臨床応用を目指す。これまで患者数の少なさで創薬の研究が進まなかった。
2011年(H23)
12月20日
iPS研究「想像より早く伸展」 京大・山中教授 〔12/20 産経新聞〕
ヒトiPS細胞開発から4年、山中教授は「安全性や(作製)方法の改良は予想以上だ。(海外との研究競争で)日本はよい状態にある」との現状認識を示した。

<iPS細胞バンク>来年から本格作業へ 山中教授表明 〔12/20 毎日新聞〕
山中教授は「iPS細胞バンク」の設立に向け、12年から本格的な作業に入る方針を明らかにした。再生医療への使用に備えるもので「13年度以降は臨床研究を実現していきたい」としている。

12月15日
世界初のヒトiPS細胞から分化誘導した肝臓細胞の製品化に成功
ヒトiPS細胞の分化のなかでも、創薬応用に最も重要な肝臓細胞への分化誘導に成功し、実用化に向けてバイオベンチャーである株リプロセルと共同開発を行い、この度、世界初のヒトiPS細胞由来の肝臓細胞として市販されることとなった。
http://www.nibio.go.jp/news/2011/12/000291.html
12月1日
「歯髄幹細胞」で切断した脊髄神経も治せる可能性あり!
名古屋大学は、ヒト脱落乳歯や親知らずから採取した「歯髄幹細胞」を用いることで、新たな脊椎損傷治療を確立できる可能性があることを発表した。さらに、歯髄幹細胞が3つの再生メカニズムを発揮することで、中枢神経を再生することも明らかにしている。名古屋大学医学系研究科顎顔面外科学の上田実教授らの研究グループによるもので、成果は米臨床研究学会誌「The Journal of Clinical Investigation」電子版に掲載された。
http://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical/dbps_data/_material_/nu_medical/_res/topix/2011/hitodatsurakunyushi.pdf 〔12/2 名大上田ラボHP〕
11月19日
第46回日本脊髄障害医学会 〔脊髄再生研究関連〕

【シンポジウム】〔概要は会報51号に掲載〕

脊髄再生医療におけるバイオマーカーの役割
緒方 徹(国立障害者リハビリテーションセンター研究所・運動機能系障害研究部)
http://www.rehab.go.jp/ri/undou/deptrehabmovfunct_j.htm

損傷脊髄部での移植神経幹細胞の in situ analysis
岡田 誠司(九州大学医学研究院先端医療医学部門)

脊髄損傷に対する血管再生治療」 亀井直輔・越智光夫ら(広島大学整形外科)

免疫不全マウス脊髄損傷に対するヒトiPS細胞由来神経幹細胞移植の検討
海苔 聡・・岡野栄之・中村雅也(慶応大学)、山中伸弥(京大)ら
(原論文) 全米科学アカデミー紀要(PNAS) 108;16825-16830,2011
(関連資料)「医学のあゆみ:特集・次世代iPS医療」、2011年12月31日号参照
岡野研・研究ニュース;http://www.okano-lab.com/archives/category/progress

急性脊髄損傷および圧迫性脊髄症憎悪例に対するG-CSF神経保護療法:医師主導型自主臨床試験の成績」 山崎正志・国府田正雄ら(千葉大学整形外科)
http://www.chiba-orthopaedics.com/clinical_test/clinical-test_g-csf2008.html

【報告】

「リハビリテーションによる可塑性の誘導と再生医療」 むかいの向野雅彦(慶大リハビリ科)
ラット脊損モデルに免荷式トレッドミルで訓練。より早期に、より多く負荷することで機能改善効果が見られる。早期の訓練が脊髄内の興奮せ、抑制性しのぷ巣の形成に影響する可能性がある。

「完全脊髄損傷患者に対する神経再生術後のリハビリテーション」〔会報51号参照〕
中村 健(那智勝浦温泉病院リハビリ科)・田島文博(和歌山医大リハビリ科)ら

「脊髄損傷における再生医療:嗅粘膜移植法を中心に」(結果は2012/3/3の項参照)
岩月幸一・吉峰俊樹(大阪大学脳神経外科)ら

11月19日
再生医療研究の最前線 〔会報51号参照〕
文科省iPS細胞等研究ネットワーク第3回合同シンポジウム 京都国際会館にて

〔講演〕

iPS細胞研究の進展」 山中伸弥(京大教授)

iPS細胞由来網膜色素上皮細胞の臨床応用に向けて」 高橋政代(理研CDB)
2013年度に臨床試験へ。
http://www.retinastem.jp/guest/guest_top.html
(関連論文)Jin Z. B, et al. Modeling retinal degeneration using patient-specific induced pluripotent stem cells. PLoS One 6.e17084 (2011)

ヒト人工染色体を用いた遺伝子・再生医療への挑戦
押村光雄(鳥取大学染色体工学研究センター)

iPS細胞を用いた心筋再生の現状と展望」 福田恵一(慶応大学循環器内科)

セッション「再生医療の実現に向けた今後の取組について」 西川伸一(理研CDB)

11月16日
米ジェロン、ES細胞由来の治療薬の臨床試験を打ち切り 〔AFP〕
ES細胞による世界初の臨床試験を実施していた米バイオテクノロジー企業ジェロンは15日、高コストのため臨床試験を中止すると発表した。同社は2010年10月、政府からの助成金を受けずに、脊髄損傷患者を対象にES細胞由来の治療薬「GRNOPC1」の臨床試験を開始した。
11月18日
京大病院にiPS細胞臨床開発部を創設
iPS細胞を病気のメカニズム解明や創薬につなげるための基盤整備として、京都大医学部付属病院は18日、京大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)と共同で、病院内に「iPS細胞臨床開発部」を来月1日に創設すると発表した。難病患者から皮膚細胞などの提供を受ける「iPS細胞外来」も設置する。
11月11日
厚生労働省「ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針」を改正 本人以外のiPS細胞も容認。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/iryousaisei.html
10月18日
人のES細胞特許、研究でも認めず 欧州司法裁
今回の決定により、欧州では研究にかかる費用を回収できなくなり、ES細胞の研究に支障が出る恐れ。ヒトES細胞の商業目的利用に関しては、欧州連合(EU)が1998年に特許を認めないことを決めている。
10月8日
鼻粘膜からインスリン分泌細胞 糖尿病治療に活用も 〔朝日新聞〕
鼻の粘膜(嗅球)の細胞から、インスリンを分泌する膵臓のベータ細胞と同じ働きをする細胞を作ることに、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などのチームがラットで成功した。この細胞を膵臓に移植したラットで、血糖値が下がることも確認した。将来、自分の鼻の細胞を使った新たな糖尿病の治療法につながる可能性があるという。7日、英科学誌「EMBO分子医学」(電子版)に論文が掲載された。
9月27日
ヒトiPSで治療  脊髄損傷マウス 歩行機能を回復」 〔会報51号参照〕
ヒトの皮膚の細胞からiPS細胞を作り、神経幹細胞に変化させた上で脊髄を損傷させたマウスに移植して歩行機能を回復させることに慶応大学の岡野栄之教授らのチームが成功、米化学アカデミー紀要に26日発表した。
9月16日
「HGFの臨床応用(ALSおよび脊髄損傷)の現状と課題」 日本神経科学大会・患者団体連携企画 パシフィコ横浜にて 〔会報51号参照〕

HGFによるALSの新治療法の開発」 青木正志(東北大学神経内科)
フェーズⅠ臨床試験へ向けALS患者の登録開始。        http://www.kringle-pharma.com/en/news.html

HGFによる脊髄損傷の新治療法の開発
岡野栄之(慶応大学)東北大のHGFのフェーズⅠ臨床試験の結果を確認後に、慶応大学病院にて脊髄損傷(亜急性期)への臨床試験を計画中。

9月1日
英国で脳卒中患者への幹細胞治験フェーズⅠをパス 〔BBCニュース〕
世界で初めての脳卒中患者の自己骨髄由来幹細胞細胞静注の安全性が示された。急性脳卒中患者10人が参加した英国グラスゴーのフェーズⅠ臨床試験の結果を受けてフェーズⅡを準備へ。
8月11日
iPS細胞:京大、米でも特許 論文以上の労力--山中教授 (毎日新聞)
米国で特許が成立したことについて、山中伸弥・京大iPS細胞研究所長は「特許獲得にはiPS細胞の論文を書くとき以上の労力がかかった。これがゴールとは思っていない。臨床の現場や創薬など、本当の意味で役に立つものに育てていきたい」と述べた。
7月15日
iPS細胞で失明治療 経過報告 (Journal Stem Cells)
米国インディアナ大学とパーデュ大学の研究チームは黄斑変性や網膜色素変性症治療のために、希少な遺伝性眼科疾患であるgyrate atrophy(脳回転状脈絡網膜萎縮症)患者由来のiPS細胞の使用を試みた。iPS細胞作成に際してはこの疾患の原因となる遺伝子欠陥を修正し、網膜色素上皮(RPE)細胞になるためにこれらの幹細胞を誘導し、これらのPREは正常に機能した。
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-06/iuui-rrp061511.php
7月14日
脊髄損傷後の呼吸回路の機能的再生 〔会報50号及びNature Digest-7参照〕
ケースウェスタンリザーブ大学のJ.シルバーらが、脊損ラットモデルでコンドロイチナーゼと末梢神経の自己移植の組み合わせにより、軸索再生後の呼吸活動の相当の回復が実証されたことを報告。Nature 7月14日号掲載。
7月11日
欧州でiPS特許成立=山中教授「市場大きく意義」-京大 (時事ドットコム)
京都大は11日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の特許が欧州で成立したと発表した。iPS細胞に関する特許は日本以外に南アフリカやシンガポール、旧ソ連諸国で成立しているが、欧州の特許内容は広い領域に及ぶという。山中教授は記者会見で、「欧州は非常に大きな市場で、患者も研究者も企業もたくさん存在している。基本特許の成立は非常に大きな意義がある」と述べた。米中韓など各国で同様の特許を出願している。
6月17日
ES細胞の失明治療、臨床試験を「近く実施」と米バイオ企業〔AFP〕
米バイオ企業、Advanced Cell Technologyは16日、ヒト胚性幹細胞(ES細胞)を使った失明治療の臨床試験を「近日中に」開始すると発表した。対象患者24人が集まったという。臨床試験の対象は、スターガート病と加齢黄斑変性の2種類。今回の試験では、治療が失明阻止に有効かを確認する前段階として、治療の安全性を確認する。
6月9日
「iPS細胞を効率よく作成する魔法の遺伝子」 〔会報50号参照〕
京大iPS細胞研究所の山中教授らは転写因子Glis1〔グリスワン〕が、ヒトおよびマウスの体細胞のiPS細胞への再プログラム化を効果的かつ特異的に促進することを見いだした。Glis1は未受精卵や1細胞期胚に高濃度で存在し、iPS細胞の作製の際の再プログラム化と接合体への核の移行後とを結びつけている可能性がある。 Nature 6月9日号掲載。
5月27日
iPS抜きで神経細胞 米チームが人の皮膚細胞使い 〔朝日新聞〕
人の皮膚の細胞に4種類の遺伝子を入れるだけで神経細胞に変化させることに、米スタンフォード大の研究チームが成功した。皮膚などの体細胞から治療などに必要な細胞に直接、変化させる「ダイレクト・リプログラミング」が人の細胞で成功したのは初めて。
4月22日
新たな多能性幹細胞Muse細胞」が発見される 〔NEDO のプレスリリース〕
東北大の出沢真理教授ら、京大の藤吉好則教授らは、ES 細胞や iPS 細胞に比べて増殖率は低いものの癌化の危険性が低い多能性細胞を発見し、「Muse 細胞」と名付けた。Muse 細胞は人間の皮膚や骨髄の中に存在し、遺伝子導入などの操作をすることなく、ストレス条件により活性化。ES 細胞や iPS 細胞と異なり無限に増殖することはなく、2 週間ほどで増殖が停止する。神経や平滑筋、肝臓などへの分化は確認されたがすべての細胞に分化するかどうかはこれからの研究で明らかにしていくとのことで、ES 細胞や iPS 細胞にとって代わるものではないが、様々な利用方法が期待できる。
3月1日
未承認の幹細胞治療、「関与なら除名も」 再生医療学会声明
「本会会員各位におかれましては、患者の安全性の確保と早期の再生医療の適正な実用化のために、「ヒト幹指針」をはじめとする各種法令、通知、告示、ガイドライン等を遵守し、未認可の幹細胞を用いた医療行為に関与しないことを求めます。」
http://www.jsrm.jp/news/110303.html
2月14日
ヒトiPS細胞から生殖細胞作成に関する基礎的研究の手続き開始〔慶応大学〕
慶應義塾大学医学部生理学教室(教授:岡野栄之)は、『ヒトiPS細胞を用いた生殖細胞作製に関する基礎的研究』の研究開始について、慶應義塾大学医学部ヒト胚性幹細胞・ヒトiPS細胞・ヒト組織幹細胞に関する生命倫理委員会に申請し承認された。

*以上:2011年1月以降の動向